上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
レストラン内装工事中に襲った大震災。


地震が起きる前と起きた後で

自分の考えが劇的に変わってきた。



今までの考えは一料理人として、自分の経験を活かして

どれだけのお客様においしいイタリア料理を召し上がっていただけるだろうか?

という追求心と行動力によって生きてきた。


地震後

今は、どれだけ会社を大きく出来るか

それによって、どれだけ社会貢献が出来るか

その為に、どれだけ今自分が持っている能力を伸ばし経営という仕事をしていくか。







昨年10月に小さい会社ながらも設立して、

大きな夢を抱えて第一歩を踏み出した。

やりたい事は沢山ある

「世界に名を馳せるレストランを作る」

目標もある

だが、それ以上にどれだけの人々に社会貢献が出来るか?





震災によって被災地で必死に生きようとする人々

救援活動

ボランティア

チャリティー

色々な人々が手を取り合って助け合っている。



ソフトバンクの孫社長が個人で100億円を寄付するという。

私は、衝撃を受けた。

そして、涙が流れてきた。

私は、借金をして経営という仕事をはじめた矢先である。

孫社長は、素晴らしい貢献活動をしている。

私も、孫社長の様にならなければいけない。

人々を幸せにする会社に育て上げなければならない。


創業者としての使命である。







スポンサーサイト
2011.04.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。